雨の日は必ず頭痛がします

頭痛の中でも慢性型頭痛と言われる片頭痛は、多くの方が経験済みなのではないでしょうか。とりわけ頭の片側がズキズキと脈打つように痛む症状で、私のカミさんもこの頭痛の症状がたまにあります。ただし近年では、この片頭痛に効果のある薬も開発されているので、そうした症状が頻繁に起こるという方は専門医の診察を受けて薬を処方してもらえるようになっています。

その他に多いと言われている頭痛には、低気圧頭痛があります。この頭痛の症状としては、天気と密接な関係を持っている上空の低気圧の影響で頭痛の症状が現れるそうです。具体的には、気圧の変化に伴って人間の身体も何らかの影響を受けるようです。

例えば、気圧の変化に伴って頭蓋骨内部の圧力が変わることで血管が収縮します。ただし血管が収縮したとは言っても、血管を流れる血液の量は以前と変わらないので、血管がパンパンになった状態になります。すると三叉神経に血管が触れて頭痛を起こすとされています。従って、雨の日は必ず頭痛に悩まされるようです。しかも、頭痛対策として低気圧といった天候を変えることは到底不可能なので、鎮痛剤を使用して痛みを緩和する方法しかないように思います。そうは言っても薬物の乱用はよくないので、ほどほどにするように気を付けないと胃腸を悪くしてしまいます。

その他にも、最近ドラッグストアーなどで販売されている、冷却シートで患部を冷やすと効果があるようですね。しかも肩こりが原因の頭痛の場合には、お風呂などに入ってゆっくりとマッサージをする方がよいのですが、この低気圧頭痛の場合は温めは禁物なようです。あくまでも、冷えたタオルで首筋を冷やす方法がいいようですね。