歯並びが悪いと噛み合わせも悪いので内蔵にも影響します

歯並びが悪かったり歯の噛み合わせが悪い症例には、出っ歯・開咬・受け口・八重歯などの他にも様々な症例があります。こうした歯並びや噛み合わせが悪いと、口元の見た目も美しくは見えないということにもなってしまいます。もちろん、芸能人の方のように目鼻立ちが普通の人よりも良いというような方の場合には、多少歯並びが悪くても見た目もそれ程悪くはならないかもしれません。その上歯並びや噛み合わせが悪いと、見た目だけでなく食べ物を上下の歯でバランス良く噛み砕くということにも無理が伴うということにもなってしまいます。



こうした食べ物を食べるということは、我々人間の行ないの中ではエネルギーの源ともなる最も基本となる行為でもあります。従って、常日頃から食べ物を十分に噛み砕かないで半分飲み込むような形で食べ物を食べていたりすると、当然のことながら内臓にも影響を与えてしまうということにもなってしまいます。

TAB スペース - ラディウムーレントゲンヴェルケ

具体的には、口から入った食べ物が十分に噛み砕かれない状態で消化吸収器官でもある胃腸へ運ばれるということにもなるので、胃腸への負担が大きくなってしまうでしょうね。そうした意味において、従来ならば歯の矯正治療を行う方は子供さんに多く見られたのですが、近年においては大人の方なども歯の矯正治療をする方が随分と増えているようです。やはり歯の矯正治療を行なうと見た目が随分と美しく見えるようになりますし、上述したように上下の歯でバランス良く食べ物を噛み砕くことが出来るようにもなるので、胃腸への負担が軽減されるようになります。

フタをあけてビックリ! 金歯・入歯、歯医者さんからの寄付 / Surprising Gift - YouTube

従って口元の美しさや健康な身体へ導くためにも、歯の矯正治療は大切なことであると言えるでしょうね。